絶対古銭主義

徹底した古銭収集へのこだわり

古銭買取で意外な値段が付く場合とそうでない場合

古銭買取に良く持ち込まれる5銭硬貨は、戦時中に銅が不足していたためにアルミニウム100%で鋳造されるようになったものです。素人目には、一見するとそれなりの価値があるように見えるのですが、実は大量に現存していることもあって、古銭としての価値はほとんどありません。コインを集めている人の中には、1ドル銀貨をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、大抵の場合は額面以上の値段がつくことはありません。ところが、同じ1ドル銀貨でも特定の年代のものに価値とは、非常に価値があって高額で取引されることもあったりします。また旧一万円札も、基本的には額面以上で取引されることはありませんが、番号がぞろ目だったり、アルファベットが1文字台のものだったりすると、レアものとして額面より大きな金額で買い取って貰える場合があります。こういう素人目にはパッと価値の判断が難しいものがあって、価値のないと思っていたものが、実は非常に高額査定を受けるような場合もありますので、なるべく近くの古銭買取店に持ち込んでみて、一度プロによる査定を受けてみるようにした方が良いでしょう。